「第8回草原ワークショップ ~霧ヶ峰草原史(仮)をつくろう~」開催報告

 平成21年6月6日ワークショップを諏訪市公民館で開催いたしました。本会はPRO NATURA FUND(プロ・ナトゥーラ・ファンド)より助成を受けた「霧ヶ峰における草原保全活動推進のための啓蒙資料作成と活用」の一環として実施いたしました。
 霧ヶ峰では草原保全をはじめ様々な主が草原関連の活動を実施しています。霧ヶ峰の草原関連の資料は非常に多く、それぞれが大切に思う文献は立場や考え方によって異なる場合もあります。土田勝義先生の編集された「霧ヶ峰の自然観察*」等のように霧ヶ峰の自然と文化をコンパクトにまとめた文献はこれまでもありました。「霧ヶ峰草原史(仮)」を作る目的は、草原を語るときに必要な史実・事実に絞り込み、どのような経過で霧ヶ峰の草原が成立し現在に至っているかを明快に解説することです。霧ヶ峰草原史(仮)では、霧ヶ峰の草原を語るときによく話題となるトピックを8つに絞り込み、それぞれを見開き2ページの絵本形式で簡略に表現することとしました。
 今回のワークショップでは「霧ヶ峰草原史(仮)」のトピックの絞り込みと、その盛り込む内容について意見を交わしました。結果は、後日また報告したいと思います。
栗原
 


○第8回草原ワークショップ(長野日報記事2009/6/7)
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=14504

○霧ヶ峰草原史(仮)トピック案
1.約60万年前 高原地形の形成
霧ヶ峰火山群後期の噴火

2.約2万年前 旧石器時代の草原
氷河期の高山草原、黒曜石(運搬・加工する人々)、高山帯の生き物

3.室町時代前期 御射山祭の草原
御射山祭の情景(穂屋・祭場、参加する人々)

4.江戸後期 稲作と草原
草刈りの情景、米1俵に必要な草原

5.昭和初期~昭和30年代 草原の魅力の発見
草刈りの情景、霧ヶ峰に訪れる人々(観光客、地域の学生、調査)

6.現在の草原 その1 植物
草原の植物とその環境(草原~山林)~スミレを中心に~

7.現在の草原 その2 鳥類
草原の鳥類とその環境利用(草原~林縁)~ノビタキを中心に~

8.草原のこれから
雑木処理活動、火入れ活動、草刈り活動、これからを考える団体


*土田勝義編(1992):霧ヶ峰の自然観察、大正印写・・・霧ヶ峰のいくつかの店舗で販売されています。

防火帯整備を行いました

4月12日(日)に今年度火入れのための防火帯整備を行いました。
天候に恵まれ、参加者は約200名でした。
今年度の火入れ対象地は園地のビーナスライン沿い、約6haです。
防火帯整備では、参加者が刈払機や鎌などを使い、火入れ地周辺の草原を約5m幅にわたって草刈りをしました。

防火帯は、火入れによる延焼を防ぐために、火入れ地の周辺にある延焼の原因となるものを取り除いた場所です。
一般には、幅5m以上の草刈を行うことが知られていますが、他には、地面を掘って土を露出させたりすることも行われています。
霧ケ峰では山彦北の耳・南の耳など、草原部分の端にあるの遊歩道が、地面を掘って防火帯としたものです。

火入れは4月26日を予定しています。

写真は防火帯整備の様子。
奥には御岳が見えます。

dscn5925.jpg

草原一斉に火入れ 白樺湖北側で柏原財産区

昨日、白樺湖側柏原財産区で火入れが行われました。
その日、諏訪市の防火帯整備もあったため、霧ケ峰ネットワークからの視察はありませんでしたが、長野日報に詳しく様子が紹介されていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

草原一斉に火入れ 白樺湖北側で柏原財産区
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=14031

第28回霧ヶ峰スキーマラソン大会・歩くスキーの集いが行われます

2月22日(日)に霧ケ峰スキー場クロスカントリー展望コースで、第28回霧ヶ峰スキーマラソン大会・歩くスキーの集いが行われます。
大人から子どもまで、玄人の方も素人やはじめての方も、どなたでも参加できます。
案内が下記のホームページにありますので、是非ご覧ください。

http://www7.ocn.ne.jp/~hutte-k/ski-marathon.htm

南アルプスや八ヶ岳、中央アルプス、北アルプス、御岳・・・など絶景を楽しむこともできます。

幹事会

1月17日(土)に幹事会を行いました。
議題
・草原保全活動促進のための、啓発資料作成について

白熱した会議の様子。
nec_0038.jpg
プロフィール

drecom_kirigamine_...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ